美容と健康.netダイエット > 体験記・3

ウォーキング ダイエット体験記・3

それから数日後、ウォーキング・ダイエットしながら集めた、このファイルを見ていた課長さんに、呼ばれてこう言われたのです。

「今度、新しいプロジェクトが始まるんだけど、きみに広告のリサーチを担当してもらいたいんだ。」

『え〜!私に。本当ですか!がんばります!』と、
彼女は喜びの、おたけびをあげたのでした。(ここだけは、私の想像)

今までは、せいぜい男性担当者のアシスタントだったのが、いきなり担当者になったです。もともと、好きな分野の仕事ですから、がぜん彼女、はりきりました。

忙しいのも、なんのそのデジカメ片手に、せっせと街に出かけてゆき、あちこちウォーキングしながら、リサーチを始めたのです。

(もうこの時は、気付かないうちに、1時間以上ウォーキング・ダイエットしているわけです。それも仕事中に。)


     < お話が長くなりますので中略 >


いよいよ、このプロジェクトの最後のしめくくり。大切なお客さんへのプレゼンテーション。なんと、彼女がその担当に選ばれたのです。

当日の彼女は、顔面そうはく、緊張で体ガチガチ状態。

それでも、お客さんからの、質問には意外とうまく答えられたようです。それはそうでしょう。自分で実際にウォーキングしながら、リサーチしたものを説明するわけですから、説得力あります。

結果は当然・・・・・ハッピーエンド!!

でも、あなたは、これちょっと出来すぎだと思いませんか?

実は私も信じられなくて、何度も「本当なの?」と尋ねてみたものでした。あまりにも何度も聞くものですから、しまいには彼女、口を尖らせて黙ってしまいました。

どうやら、ほんとうのようです。(失礼しました。まあ、多少の誇張があっても他人に迷惑をかけることでもありませんので。)

朝たったの5分のウォーキング・ダイエットが、きっかけになって、今の彼女はとっても幸せのようです。

あなたも、ちょっとした工夫で、ダイエットのきっかけを作ってみてはどうでしょうか。


----------------------------------------------
◇ ちょっと役立つ、ダイエット豆知識 ◇

    朝食抜きは、ダイエットに効果あり?
    いえいえ、お勧めできる方法ではありません。

    なぜかって?

    空腹状態が長くなると、私達の身体に備わった防衛
    本能で、食べ物を摂った時に
    余った栄養分は残らず体の中に、脂肪として
    蓄えようとします。

----------------------------------------------

次ページ →ウォーキング ダイエット体験記・4