美容と健康.netスキンケア > 睡眠について

睡眠について

よく睡眠不足になると、肌が荒れるという事は、よく知られていますが、どうしてなのでしょうか?

実は、肌の再生は睡眠の間だけ行われるからなのです。

これが非常に大切なポイントで、普段から、睡眠不足の人は、肌のスキンケアを十分に行っていない事を意味するのです。

なぜなら、日中は生活をしていくために、脳、筋肉、内臓にエネルギーの大半が使われ、肌の再生までには、手が回らないからなのです。

ですから、平日睡眠不足で、休日に寝だめすれば大丈夫と思っていても、休日の2日間ぐらいの十分な睡眠だけでは、とても上手なスキンケアとはいえません。毎日の質のよい睡眠が非常に大切になってきます。

一般に20才代の頃は、約30日サイクルで、肌の表皮が古いものから、新しい皮膚に生まれ変わっています(ターンオーバー)が、40才代になると、そのサイクルが約45日ぐらい必要になってきます。

ある年令になると、睡眠不足が、端的に肌に現れてくるようになるのはこのためです。


では
<睡眠のメカニズム>はどうなっているのでしょうか?

睡眠には一定の周期があり、浅い眠りである「レム睡眠」(夢をみたりするのはこの間)と深い眠りの「ノンレム睡眠」が交互にやってきます。

約70〜90分が1サイクルとなって、特に最初の2サイクルの約2時間半から3時間の睡眠がとても大切なのです!この最初の2サイクルで、ホルモンの分泌による肌の再生が活発になります。

この最初の2サイクルで質のよい睡眠が摂れると、後の睡眠の質も高まり、サイクルも一定してきます。そうすると、朝目覚めた時に熟睡感があり、お肌も元どうり、体の疲れも取れ、元気な状態になるわけです。

睡眠時間の目安としては、レム睡眠とノンレム睡眠を最低4サイクル、つまり6時間以上の睡眠時間が最低必要な目安です。

あなたは、今何時間の睡眠時間をとっていますか?十分な睡眠時間をとる事で、ターンオーバーを促し、肌のスキンケアにつながります。


ところで
<基礎代謝率>
という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、人が安静にしているとき、生きるための最低必要なエネルギーの事です。この基礎代謝率は、日中活動している時より、睡眠を摂っている時の方が、2割程度も低いのです。

睡眠中は、この余力の分を身体中の再生にあてているのです。ですから、質のよい睡眠というのは、肌のスキンケアはもちろん、身体全体にとても重要なものです。

人生の三分の一は眠り。
もう一度、あなたの睡眠を見直してみては、どうでしょうか。

ちなみに、若い人や筋肉質の人は代謝率が高く、睡眠時間が長く、老年の人や痩せた人は、代謝率が低く、睡眠時間が短かめの傾向があるようです。
(筋肉は代謝率を高める大きな要素なので、かなりのエネルギーを消費します。)

次ページ →紫外線の影響と種類