セントジョーンズワート|うつ

神経伝達物質とセントジョーンズワート

人間の精神や感情は、脳内で分泌される神経伝達物質(モノアミン)によってコントロールされていて、セントジョーンズワートはこれに関わりがあります。

何かの原因で、この分泌量の調整が上手くいかないと”うつ”や不安症、パーキンソン病、精神分裂症などが起こります。

代表的な神経伝達物質には、下表のものがあり、セロトニンとノルアドレナリンがうつ症状に関係しています。

神経伝達物質 働き 分泌が多い 分泌が少ない
セロトニン 不安や興奮を鎮め、
精神を安定させる
不安症、躁病 うつ症状
ノルアドレナリン やる気、意欲を
高める
不安症、躁病 うつ症状
アセチルコリン 血圧を下げたり、
筋肉を収縮させる
パーキンソン病 アルツハイマー病
ドーパミン 食欲、性欲、
やる気を高める
精神分裂病
(統合失調症)
パーキンソン病

*躁病(そうびょう)
   ・・・気分が高揚して、落ち着きがなくなり、意味不明な言動が
     多くなる精神症

この表のように、セロトニンとノルアドレナリンの分泌量が少なくなると、うつ症状が起こり、逆に分泌量が多くなると精神が安定せず、不安症や躁病が起こります。

セントジョーンズワートに含まれる有効成分は複数ありますが、その中の「ヒペリシン」と「ヒペルフォリン」が、セロトニンの分泌量を調整して、うつ症状の改善に役立つことが確かめられています。

そして、セントジョーンズワートは、人工的に作られた抗うつ薬と同程度の働きがあり、副作用がほとんどないのが特徴です。

セントジョーンズワートの「ヒペリシン」と「ヒペルフォリン」が、どのようにうつ症状を改善するのかは、セントジョーンズワートとセロトニンをご覧ください。

うつと神経伝達の仕組み

私達が物を見たり聞いたりして、外部から刺激を受けると、脳内の神経細胞にごく微弱な電気信号が流れます。(よく知られている脳波というのは、この電気信号を波形で表したものです。)

ただ、全ての神経細胞は一本の糸のように、直接つながっているのではなく、実際は一つ一つの神経細胞に分かれています。

そして、それぞれの神経細胞から伸びているシナプス同士が、わずかな”すきま”を作り、間接的につながっているようになっています。

このわずかな”すきま”に分泌されるのがセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質です。

セントジョーンズワート以外にも、神経伝達物質を調整するハーブはありますが、セントジョーンズワートが”うつ”改善に効果が高い、ハーブであることが確認されています。

下図のように、左からシナプスに電気信号が送られると、シナプスの先端からセロトニンが分泌され、右のシナプスの先端にある受容体で受取られます。この仕組みで、順番に複数の神経細胞に信号が伝えられていきます。

うつとセントジョーンズワート

このときセロトニンの分泌量が少ないと、信号がきちんと伝わらないので、うつ症状が起こります。つまり、セロトニンの不足が起きて、神経細胞同士の伝達がスムーズでない状態が”うつ”といえるのです。

何台ものパソコンがネットワークでつながっていて、それを接続しているケーブルの接続部分(コネクター)の不具合で、パソコンがうまく機能しないのと、同じ状態といえるのです。

セントジョーンズワートは、この接続部分をうまく調整して”うつ”を、改善しているのです。

次ページ→セントジョーンズワートのサプリメント