セントジョーンズワートとセロトニン

セロトニンとは

セントジョーンズワートは、セロトニンという物質を、調整する働きがあります。このセロトニンは、脳内の神経伝達物質の1つで、人間の感情や精神のバランスを整えることが知られています。

セロトニンの分泌量が、正常であれば問題なのですが、分泌量が多過ぎると神経が興奮状態になり、不安症や躁病(そうびょう)が起こります。

 ・不安症・・・精神が安定せず心配事や不安感にさいなまれる症状
 ・躁病・・・気分が高揚して、意味不明な言動が多くなる精神症

一方、セロトニンの分泌量が少なすぎると、うつ症状が起きて、意欲が低下して、なにもやる気が起きなくなり、症状が重くなると自殺にいたるケースもあります。

セロトニンが減少してしまうのは、主に過度のストレスや過労などで、セントジョーンズワートを摂ることによって、減少を補うことができます。

下図は、神経細胞から伸びているシナプスの先端を、わかりやすくした図です。人間は、神経細胞にスムーズに信号が流れてはじめて、外部からの刺激を感じたり物事を考えることができます。

神経細胞は、いくつも集まってネットワークを作っていますが、実は、1つ1つ独立しています。

神経細胞のシナプスは、つながっているように見えますが、よく見るとほんのわずかな”すきま”があります。

このわずかな”すきま”で、信号を伝える役割りをするのが、セロトニンなどの神経伝達物質です。

セロトニンとセントジョーンズワート

うつ症状が起きる原因には、
 1)シナプスの先端から分泌されるセロトニンの量が少なくなる
 2)反対側のシナプスの先端までセロトニンが届かず
   元のシナプスに戻ってしまう

という2つのケースがあります。セントジョーンズワートには、この原因を取り除く有効成分が含まれています。

うつ症状改善の有効成分

セントジョーンズワートには複数の成分が含まれ、これらは、その効果が全て解明されていません。しかし、最近の研究で、その効果がかなり明らかになっています。

うつ症状の改善・治療には、セントジョーンズワートに含まれる2つの成分が、うつ症状の原因であるセロトニンの分泌を、うまく調整すると考えられています。

ヒペリシン

ヒペリシンは、セントジョーンズワートだけに含まれる特有の成分で、他のハーブにはほとんど含まれていません。

このためヒペリシンは、セロトニン自体の分泌量を増やす、働きがあると考えられています。

上図のように、左のシナプスの先端から分泌される、セロトニンの量を増やすので、神経伝達がスムーズになります。

ヒペルフォリン

セントジョーンズワートには、上記のヒペリシン以外にも、ヒペルフォリンという成分が含まれています。

このヒペルフォリンは、直接セロトニンの分泌量を増やしませんが、不足分を補う働きがあります。(*ヒペリフォリンは、セントジョーンズワート以外の、ハーブにも含まれています。)

具体的には、
神経細胞のシナプスの先端から分泌されたセロトニンは、反対側のシナプスの先端にある受容体でキャッチされます。これが適正な量であれば、神経細胞の中を信号がスムーズに伝わって、うつ症状は起こりません。

しかし、セロトニンのキャッチ量が少なく、一度分泌されたセロトニンが、元のシナプスに戻る場合があります。こうなると、うつ症状が起こりやすくなります。

セントジョーンズワートに含まれるヒペルフォリンや、抗うつ薬は、シナプスの先端にフタをして、セロトニンが元のシナプスに戻ることを防ぐ働きをします。

つまり、結果的にセロトニンの不足を補い、うつ症状を改善させる効果があるわけです。(*上図参照)

次ページ→セントジョーンズワート|うつ