美容と健康.netスキンケア > しわ、たるみの治療

しわ、たるみの治療

しわ、たるみの治療は、主に人体に無害で、時間がたつと分解されるものを注入する方法が、いくつかあります。

なお、これらの治療は、永久的なものでなく、最長で約6ヶ月間ほどの効果とお考え下さい。

コラーゲン注入治療

真皮にコラーゲンを注入する事によって、しわやたるみを、解消する治療です。コラーゲンは皮膚の7割を占める物質で、肌にハリと弾力を与えますが、注入されるコラーゲンは、人工的に合成された物です。

注入する際は、普通の注射程度の痛みしかありませんが、アレルギー反応を起こす人もいますので、必ず、腕でアレルギー検査をする必要があります。(コラーゲン注入後、約1ヶ月間、かゆみ、はれなどがない事を確かめます。)

注入するコラーゲン自体は、ある程度の硬さがあるので、額やほほなどの部分には効果的ですが、口元や目じりなどのデリケートな所には適していません。

しかし、値段的には他の注入治療より、割安になっています。注入されたコラーゲンは、体内のコラーゲンに少しずつ吸収され、しわ、たるみの治療効果は4〜6ヶ月間ほど持続します。

ヒアルロン酸注入治療

コラーゲン注入の欠点を補うかたちで開発された、しわ、たるみの治療が、今最も普及しているヒアルロン酸注入です。

ヒアルロン酸は真皮の基質(ムコ多糖類)と同じ成分で出来ていて、人工的に合成された製品が、一般に使用されています。

アレルギーの心配も無く、ゼリー状で柔らかく、デリケートな部分にも使用できます。また、術後に麻酔クリームを塗っておけば、痛みもほとんどありません。

その効果は、約3〜6ヶ月間ほど持続しますが、少しずつ吸収され水に変化して排出され、しわ、たるみは元の状態に戻ってしまいます。

この治療方法については、ヒアルロン酸も参考になりますのでご覧ください。

ボトックス注入治療

ヒアルロン酸注入と併用する事によって、より効果を高める、しわ、たるみの治療です。

ヒアルロン酸は、普段の無表情の時に、見えてしまう、しわに有効ですがボトックス注入は、表情筋をまひさせる、たんぱく質を注射する事によって、表情筋の収縮力を弱める働きがあります。

つまり、笑った時などにできる、しわ(表情しわ)に有効的で、ここ数年アメリカでブームとなっています。 ボトックス注入はアレルギーの心配も無く、痛みも麻酔クリームのおかげで、ほとんどありません。

ただ、一つだけ注意したいのは、薬の量。人それぞれ薬の効き目が違いますので、専門医とよく相談の上、決めるようにしてください。 しわ、たるみの治療効果は、術後約10日ほどで効果が安定し、約4〜6ヶ月間ほど持続します。

フォトスキンセラピー治療

レーザー治療の他に最近注目されているのが、フォトスキンセラピー治療です。 肌のしみ、特に、そばかす、老人性色素斑に効果的で、小じわ、にきびなども改善する治療として、注目されています。

肌の真皮まで届く、強い光(主にIPL光線でレーザーよりは弱い光)を利用し、コラーゲンの増加を促し活力を与え、肌の若返りをはかる治療です。

この治療のメリットは、術後すぐ通常のメイクが可能で、ケアを特別必要としない事です。

レーザー治療の場合は、肌にかさぶたが出来たり、赤くなったりして、効果がはっきり現れるまで、ある程度時間がかかり、術後のケアには気を配る必要があります。

しかし、フォトスキンセラピーですと、そんな事も無く効果を早く確認する事が出来ます。また、痛みもほとんどなく、ケミカルピーリングとの併用も可能で、相乗効果が期待できます。(併用する場合は、医師とよく相談する必要があります。 )

通常ですと、10分程度の治療時間ですので、お昼休みや帰宅時間のわずかな時間を、利用して治療する事も可能で、数週間に一度5〜6回程度を目安とすればいいでしょう。

次ページ →にきびの治療