美容と健康.netスキンケア > しみの種類

しみの種類

「しみ」というのは、表皮に残ったメラニン色素の集まりで、正しくは色素沈殿と言います。ホルモンの影響や紫外線を身体に受けた時、表皮のメラノサイトが反応して、メラニン色素を作り出します。

通常ですと、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)によって、再生された皮膚と入れ替わるのですが、そのまま残ってしまったのが、しみの原因となるわけです。

この、しみの種類についてですが、はっきり申し上げて、私たち素人には、なかなか見分けがつきません。
ですから、しみをなんとか無くしたいとお考えの方は、かなり詳しい専門医とよく相談の上、治療された方がよいでしょう。

下記に代表的なしみの種類を取り上げてみました。

雀卵斑(じゃくらんはん)

通称「そばかす」と言われる、しみで小さな斑点が、鼻を中心に分布します。多くは遺伝的なことが要因で、家族内での発生が多くあります。 両親のどちらかにある人は、10才頃から出来てくる事が多いようです。

肝斑(かんぱん)

ほほや鼻の下、額に左右対称にできる、少しぼやけたような、しみのことです。
30〜40才代の女性に一番多くみられる、しみで妊娠によるホルモンバランスが、関係しているといわれ、更年期、婦人科の病気にかかった時も、出来やすいと言われています。
なお、男性には肝斑は出来ることはありません。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

長い間、紫外線を浴び続ける事によって生じる老化現象によって現れてくる、しみです。

若い頃から、日焼けした人ほど出来やすく、早い人では10代から現れてきます。特に30代後半から、40代以降に多く見られるようで、 しみの境目が、はっきりしていて、色合いも均一で濃いのが一般的です。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

年令に関係なく、化粧のかぶれ、やけど、にきびなど、皮膚に炎症を起こした時にできる、しみです。
長時間、日光にあたり炎症を起こした状態だと、さらに濃く沈殿するので注意してください。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

俗に「年寄りイボ」とも言われる、しみで老人性色素斑から、症状が進行して出来てきます。最初は丸みがかった状態から、イボ状に、徐々に盛り上がってきます。

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

顔以外の部分に出来ることが多く、非常に強い刺激を、常時続けていると、現れてくる事があります。
深い、しみとなり治療してもなかなか消えにくい、しみになります。

次ページ →しみの治療