美容と健康.netスキンケア > 紫外線の影響と種類

紫外線の影響と種類

紫外線はお肌の大敵!紫外線対策がとても大切です。
では一体、紫外線とは具体的にいうと?

ちょっと困ってしまうかもしれませんね。では、紫外線対策の前に、紫外線そのものについてと、それによって引き起こされる、影響について解説します。

紫外線の影響

太陽光線は波長の異なる、いくつかのグループに分けられます。その中で、紫外線は波長が短く、エネルギーが強い光線で皮膚に悪影響を及ぼします。(波長が短いほどエネルギーが強い)

日常起こる日焼けは、この影響から、身体を守るため、メラニン色素を作り出しているのです。

具体的には、皮膚に紫外線があたると、その一部は、表皮の角質層で反射され、反射しきれない分は皮膚の中に、侵入してくるのです。

その時、表皮の基底層にあるメラノサイトが刺激を受け、メラニン色素を作り出します。これによって、紫外線を吸収しダメージを抑えているのです。しかし、長期間、紫外線を浴び続けていると、許容範囲を超え、深刻なダメージが出てきます。

特に気を付けなくてはいけないのが、ある期間、紫外線を浴びなければ、ダメージが直るというものでなく、今まで浴びた紫外線の量だけ、ダメージが蓄積される事なのです。

若い頃、長時間日に焼けた人は、ある年令になると急にしみ、たるみ、しわがはっきり現れてきます。

よく、「肌は、今までの紫外線の量を蓄積、記憶していく=老化の進行」と、言われているので、スキンケアの一つとして紫外線対策は、とても大切です。

紫外線の種類

紫外線は、波長の違いで3種類に分けることが出来ますので、以下に整理してみます。

紫外線A波(UVA)
・・・皮膚の真皮まで達して、弾力線維であるエラスチンを傷つけ、肌のうるおいや弾力性をうばい、年令とともにしわ、たるみを作ってしまうのです。通常は黒い日焼けとなって、現れてきます。

紫外線B波(UVB)
・・・皮膚内部で活性酸素(毒性のある物質)を作り出し、皮膚細胞内のDNA(遺伝子)にダメージを与え、大量に浴び続けると、ガンの発生もあります。通常は赤い炎症を起こし、A波よりは、影響が大きいのです。

紫外線C波(UVC)
・・・これを肌に浴びると、ガンの発生率が高くなり、一番危険な紫外線です。通常は、地球のオゾン層で吸収され、地表には届きません。

次ページ →紫外線対策