美容と健康.net > ミニコラム・2

ミニコラム・2

お風呂の歴史

平安時代中期までは、お風呂に入ったのは週に一度か、多くて二度だったそうです。これ、本当なんですよ。

古典を読むと、よく「お香」が物語りの小道具として出てきますが、実のところは、体臭のニオイ消しだったのです。

小野小町も、とっても“くさい”時代に生活していたのです。(源氏物語からは、とても想像できませんが。)

お風呂が盛んになリ始めたのは、平安時代の後期からで、当初は蒸風呂。今でいうサウナで、お湯の中に全身をつけるような事は、なかったようです。

しかし、次第に半身浴(少しお湯をためて、体の一部だけ、お湯につけていた)に変わってゆき、江戸時代中頃になって、ようやく今のような、全身浴になったのです。

ちなみに、テレビでよく出てくる、江戸の町人が利用していた銭湯は、混浴が一般的でしたが、男女の入浴の時間はある程度、分けられていたようです。ちゃんと、マナーは守られていたようです。

ウォーキング豆知識

ウォーキングが、健康にいいと言われていますが、
あなたは、現代人の1日の歩行数は、どのくらいだと思いますか?

大体、一般の成人で平均して、4000〜5000歩ぐらいと言われています。

家庭の主婦の場合は、4000歩前後。
会社に勤めるサラリーマンは、5000歩前後。
(営業で外回りの、お父さんは1万歩以上)

「1日1万歩」歩くと、運動不足の解消や病気の予防にもなりますが、これは、成人の1日のカロリー摂取量の、約3分の1にあたります。これくらいが、1日の最適な運動量です。

参考までに、ウォーキング1000歩で、約9〜12分程度の時間がかかります。 そうすると、毎日、あと40分〜1時間程度、余分に歩けば1万歩達成です。・・・・・でも、毎日は、ちょっと、しんどいでしょうか?

ちなみに、成人の男性で1日、約2000キロカロリー強、女性で約2000キロカロリー弱の、カロリー摂取量が一般的です。

次ページ → 岩盤浴