美容と健康.net健康関連 > 手足口病(てあしくちびょう)

手足口病(てあしくちびょう)

手のひらや足の裏、口の中など身体の柔らかい部分に、発疹や水疱ができるのが手足口病です。

子供がいる方は、自分の子供がかかったことも、あるかもしれませんね。乳幼児や小児が、かかることが多い病気ですが、大人でも時々かかることがあります。

手足口病は、いくつかのウイルスが原因で発病します。原因となる主なウイルスは、”腸管ウイルスであるコクサッキーA16”とその変異型や、”エンテロウイルス71”というウイルスがあります。

また、その他のウイルスも原因となるときがあり、ウイルスが複数あるため、何度も手足口病にかかる場合もあります。

この手足口病は、一種の夏カゼで、初夏から初秋にかけて多く発病しますが、その他の季節でも発病するケースもあります。

手足口病の症状は、軽い発熱で始まり、食欲不振などが起ってきます。その後、手や足、口などに水泡性の発疹があらわれ、時には、のどに痛みを伴うときもあります。

もし、子供が手足口病にかかったとき、熱がある場合は幼稚園や学校を、休ませた方がいいでしょう。また、水分補給をしっかりして、脱水症にならないように、注意しなければなりません。

手足口病は感染症ではありますが、特に隔離する必要はありません。また、発疹だけの場合は、幼稚園や学校に行かせても大丈夫です。

ただし、鉄棒やのぼり棒など水泡が潰れるようなことは、感染を起こすことになるので避けるようにします。また、プールも水泡がふやけて、つぶれることがあるので避けたほうがいいでしょう。

通常、手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症ですが、時には高熱がでたり、微熱が長く続く場合がありますので、そのときは要注意です。

乳幼児や子供が、手足口病を発症した場合、その子供に接した後はよく手を洗います。

発病の原因となるウイルスは、便中に排泄されるので便の始末をしたときは、特によく手を洗うようにしましょう。

次ページ →グルコサミン