美容と健康.net健康関連 > 脊椎(せきつい)ヘルニア

脊椎(せきつい)ヘルニア

最近、脊椎(せきつい)ヘルニアで、困っている人が大勢おられます。脊椎ヘルニアは、腰椎の椎間板が飛び出し神経を圧迫することにより、腰痛が起る病気です。

立っているとすぐ苦しくなったり、椅子に長時間、腰掛けているのが苦痛になるだけでなく、坐骨神経痛の原因にもなります。

では、どうして脊椎ヘルニアになるのでしょうか?

ヘルニアは、椎間板というクッション組織が、その周囲の固い膜が破れて、はみ出てくることにより起こります。

大きなケガや、無理な姿勢が長く続くことが主な原因で、どちらも脊髄の占める空間が狭くなり、また脊髄神経の出る穴が狭くなって、症状が起ります。

痛みを和らげる為の脊椎ヘルニア治療には、 いくつかの治療方法がありますが、その中の1つに最先端治療法である、内視鏡視下を使った「レーザー除圧術」があります。

このレ−ザ−治療法は、内視鏡で患部を見ながら、水を環流させ、冷却して蒸散させて、腰痛の原因部分にある椎間板の残骸を、取り除きます。

このレーザー治療法を専門的には、「鏡視下経皮的レーザー椎間板除圧術」と呼んでいます。

また、比較的軽い脊椎ヘルニアの場合は、レーザー治療よりも「鍼灸(しんきゅう)治療・・・はりやお灸」が効果的で、よく使われています。

鍼灸が持つ鎮痛作用を利用し、坐骨神経のツボに鍼(はり)を打つことによって、その刺激が脳や脊髄といった中枢経路を経て、鎮痛物質が分泌されます。

これによって、痛みが和らげられ脊椎ヘルニアの症状が、最善されるのではないかと考えられています。

ちなみに、日常できる腰痛対策には、ストレッチが一番効果があります。
できる範囲から始めて、少しづつゆっくりと太ももの後ろや、おしり、腰の筋肉を伸ばしながらほぐしてゆく感じです。

朝起きたらストレッチ!脊椎ヘルニアにならないためにも、普段からストレッチを心がけましょう。

次ページ →マイコプラズマ