美容と健康.net健康関連 > 眼瞼下垂(がんけいかすい)

眼瞼下垂(がんけいかすい)

まぶたが垂れてきて年より老けて見える、あなたの周りにもそんな人が、いるのではないでしょうか?

これは眼瞼下垂(がんけいかすい)といわれるもので、加齢が主な原因であることが多いのですが、その他にもいくつかの理由で、眼瞼下垂になる人がいます。

上まぶたを上げる筋肉がゆるんでしまい、眼が開きにくくなる眼瞼下垂。眼瞼下垂は本人だけでなく、周りから見てもわかるため悩んでいる方が、数多くいます。

眼瞼下垂かどうかチェックするポイントは、次のような点があります。

 ・まぶたが重たい、眼が疲れる
 ・一重から二重もしくは二重の幅が広くなった
 ・おでこのシワが深くなり、目立つようになってきた
 ・偏頭痛や肩こりがするようになった
 ・まぶたの上に、くぼみができるようになった

もし、心あたりがあるようでしたら、一度、病院やクリニックで診てもらうのがいいでしょう。


眼瞼下垂を直す手術には、さまざまなものがあり、一人一人の症状や原因などをみて、手術法が決められます。

よく知られている手術の1つに、”眼瞼挙筋前転法”があります。

眼瞼挙筋とは、まぶたを上げたり閉じたりする筋肉で、この手術法は眼瞼に麻酔をし、眼瞼挙筋の付着部分を短く切る方法です。

この手術法は、他の手術と違い術後まぶたが閉じにくくなることが、ないのが特徴です。

手術時の麻酔は成人では局所麻酔を行い、小児では全身麻酔を行うのが一般的です。手術時間は30分程度から、2時間程度のものまでいろいろで、その方の状態によって違ってきます。

その他の手術方法として、”筋膜移植”があります。
これは眼瞼挙筋の働きが非常に弱い人、例えば、先天性の眼瞼下垂の方に、向いている手術法です。

この手術は、大腿筋膜の一部をまぶたに移植することで、まぶたを上げる時に目が、開きやすいようにするものです。

眼瞼下垂になると視界が狭まくなり、知らないうちにストレスが貯まってきます。また、眼瞼下垂のせいで老けて見られる場合が多く、最近クリニックを訪れる人が多くなっています。

次ページ →肥満外来