美容と健康.net健康関連 > アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、アレルギーによって、くしゃみ、鼻づまり、鼻水などの症状を引き起こす鼻過敏症のことです。

症状には、1年中症状がでる通年性(非季節性)のものと、一定の時期だけに限られる季節性のものがあります。
季節性の代表的なものが、よく知られている花粉症です。

今では、国民の15%〜20%の人がこの症状で、悩んでいるそうです。

これらの、アレルギー性鼻炎の原因となる抗原として、日本ではハウスダスト(ダニなど)が一番多くなっています。

その次にスギ花粉、その他にはブタクサ花粉、カモガヤ花粉、カビなどがあります。これらが、鼻の中の粘膜でアレルギー反応を、起こしてしまうのです。

(アレルギー反応とは、身体に侵入してきた、花粉やダニなどの異物に、あまりにも過剰に反応するために、引き起こされるものです。)

多くの人が困っている、アレルギー性鼻炎の症状を抑える薬には、いろいろな種類があります。

少し専門的になりますが、抗ヒスタミン剤・ステロイド点鼻薬・抗アレルギー剤・抗アレルギー剤の点鼻薬・血管収縮点鼻薬などが、アレルギー性鼻炎の治療に、よく使われています。

また最近、注目されている治療薬の1つに、漢方薬を取り入れたものがあります。例えば、生薬製剤である「ホノビエン錠」。

この漢方薬は、抗アレルギー剤の副作用である、”眠気・のどの渇き”が少ないのが特徴で、もちろんアレルギーを抑える効果もあります。

漢方薬は、目にみえて効果が現れることは少ないのですが、副作用がほとんどなく徐々に効いてくるので、身体にやさしい薬といえます。

ところで、花粉症などのアレルギー性鼻炎は、ほんの20年ほど前までは、あまリ知られていませんでした。

実のところ、「これこそが、アレルギーを増やした真犯人!」といえる決定的な原因は、まだ分かっていないのです。

次ページ →眼瞼下垂(がんけいかすい)