美容と健康.net健康関連 > 24時間風呂

24時間風呂

24時間風呂とは、ジャノメ(株)に代表される、1年中いつでも入れるお風呂のことです。好みの温度に設定しておけば、24時間いつでも好きなときに、すぐに風呂に入ることができます。

電気代は、1日で約200円ほどかかるということですが、1年間で水道水約70トンの節水効果がありますので、かなりのエコ商品といえます。

24時間風呂が普及している理由は、ジャノメというメーカーの開発努力によって、技術的にかなり進歩したことがあります。

そして、湿気やカビが発生しにくくなる効果も、認められています。24時間お風呂が沸いている状態ですから、真冬でも浴室はポカポカで乾燥しています。
今まで、お風呂場の悩みのタネだった、湿気やカビの心配も少なくなっています。


ただし24時間風呂は、使っていくうちにいくつか問題点が、指摘されているようです。

まずは、停電の時はもちろん使うことができません。
バイオ方式の24時間風呂の場合、バクテリアが定着するまでに、少し時間がかかるようです。

そして、塩素殺菌を併用した場合には、塩素の濃度によっては、バクテリアが死んでしまうこともあります。

その他に、24時間風呂のメンテナンスや取付工事に関して、地方や遠隔地などに住んでいる方などは、少し心配になることもあると思います。

当然、自分で取り付け工事することはできませんので、専門の業者に任せなければなりません。

しかし、ジャノメの場合は、ジャノメサービス(株)が全国にあり、取付工事や故障の際のメンテナンスを行っており、全国どこに住んでいても安心です。


さて、本体の購入費用ですが、20万円前後〜50万円近いものまで、いろいろ揃っていて、工事代金として別途2〜3万円かかるようです。

この価格の違いは、殺菌・浄化能力の差や、自動洗浄機能がついているかどうかなどによって、だいたい価格と性能は比例しているようです。
(高価な製品の機能や性能が良いものは、他の商品と変わりありませんね。)

美容と健康.net(HOME)