美容と健康.net貧血 > 貧血の症状

貧血の症状

貧血の症状には、

「顔色が悪く、血色が良くない。」

「なんとなく、身体がだるくて疲れやすい。」

「少し運動しただけで、すぐ息切れする。」

などの症状があり、なおかつ、ふだん偏食気味でダイエット中の人は、鉄欠乏性による貧血を疑ってみる必要があります。特に女性は、鉄分が不足しがちな身体のしくみになっていますので。

貧血の症状を軽いものから順に並べてみると、だいたい下のようになります。

皮膚の蒼白(血の気がない) →突然のどうき →すぐ息があがってしまう
→頭痛 →めまい →食欲不振 →吐き気 →発熱 →呼吸困難

もう少し具体的な症状としては、血液のヘモグロビンが正常値の70%以下になると、顔色が悪く血の気が無くなったり、口の中全体の血色が無くなったりします。この段階では、はっきりした貧血の症状は現れにくく、自覚症状も、あまりないのが一般的です。

次に、ヘモグロビンが正常値の60%以下になると、酸欠状態になるため、心臓がたくさんの血液を、身体中に送り込もうとします。そのため、心拍数が突然、通常より多くなる症状や運動しただけで、息が上がってしまう症状がでてきます。

その次に、ヘモグロビンが正常値の40%以下になると、頭痛、耳鳴り、めまいなどの貧血の症状が、はっきりと現れてきます。また、寝付きが悪くなり、不眠症になったり、手足の冷え、あるいは少し運動をしただけで、だるくなったり疲れてしまう症状が出てきます。

そして、ヘモグロビンが正常値の30%以下になると、食欲不振、吐き気など、通常の生活にも支障をきたす症状が現れてきます。身体の抵抗力も低くなり、わずかな事で、病気にかかる事もありますので、特に注意が必要です。

このように鉄分が不足すれば、するほど貧血の症状が悪化してきます。実際、頭痛、めまいの症状で診察して、この時はじめて、自分が貧血だとわかった人も、多くいるようです。


では、最後に貧血の簡単なチェック方法を、ご紹介しておきましょう。

鏡の前で、下まぶたの裏を見てみてください。ここが血液の色で十分赤く、血色がよければ大丈夫ですが、全体が白ぽっく血管一本、一本がはっきり見えるときは貧血の疑いがあります。

とても簡単な方法ですから、ちょっと気付いた時にチェックしてみる事を、おすすめします。

次ページ →貧血と鉄分・1