美容と健康.net貧血 > 貧血は美容の大敵

貧血は美容の大敵

日頃から、人一倍、美容(スキンケア)に気配りしているのに、貧血気味のせいで血色が悪くて、せっかくのスキンケアの苦労も台無し。そんな経験あなたもありませんか。

一体、貧血とは?

貧血というのは、具体的にどんな事なのでしょうか?

私達の身体は食べ物を消化し、その栄養分を腸から吸収して、身体中にその栄養を供給しています。

そして、その栄養を燃やしてエネルギーに変えています。その時に必要なのが酸素です。この酸素を、身体の隅々まで送り届けてくれるのが、血液中の赤血球。もっと正確にいうと、赤血球に含まれるヘモグロビンという色素です。

このヘモグロビンは、まず肺から取り入れた新鮮な酸素と結びついて、血管の中をめぐり身体中に酸素を届けます。

と同時に今度は、エネルギーを作るために出来た燃えかすである、二酸化炭素を身体の外に出すために、これと結びついて肺まで運搬します。

つまり、いつも身体中をめぐって新鮮な酸素を届け、不要になったガス(二酸化炭素)を吐き出す役目をしています。


「赤血球の成分であるヘモグロビン→酸素と二酸化炭素の運び屋さん」


通常、貧血といわれるのは赤血球のヘモグロビンの色素の量が、正常値より極端に少なくなった状態の事をさします。一言でいうと、ヘモグロビンが非常に少なくなって、身体中に酸素を十分届けられなくなった状態ですね。

特に女性に多い貧血は、鉄分不足による鉄欠乏性貧血が多いのです。
(貧血にはその他にも、溶血性貧血、悪性貧血、再生不良貧血などの鉄分不足以外によるものもありますが、ここでは、一般の人に一番多い鉄欠乏性貧血について)

ではどうして、貧血は美容(スキンケア)に良くないのでしょうか?

1つめは、貧血による酸欠によって、お肌に生き生きとしたハリや血色の良さが無くなることです。

顔面蒼白、俗にいう青白い顔になって、年よりも老けてみえてしまう貧血特有の症状が起こってきます。

皮膚の表面はターンオーバーと呼ばれる、新陳代謝によって絶えず生まれ変わっています。

20才代の頃は約1ヶ月で、皮膚の表面(表皮部分)が完全に新しく再生され、40才代になると約45日ぐらい必要になってきます。

貧血によって、酸素が十分供給されないと、皮膚の再生にかかる日数が、もっと多く必要になってきます。

その結果、古い表皮がなかなか新しい皮膚に入れ替わらないため、肌荒れ、かさつき、古い皮膚によるしみ、ひいては、みずみずしさも無くなってくるわけです。とても生き生きしたお肌は無理なわけです。

2つめは、コラーゲンの合成が悪くなって、しわが出来やすくなって来る事があげられます。

コラーゲンはもう一般的になって、多くの人に知られていますが、これは皮膚を構成している、とっても大切な成分です。

コラーゲン自体は、皮膚を構成している真皮(表皮の下の組織)の主成分となっています。

エラスチンと呼ばれる物質と組み合わさり、網状の構造を作り、お肌に弾力性を与えています。また、水分や栄養を皮膚に補給して、みずみずしさを保つ役目もしています。 *参照→皮膚の構造

ところが鉄分の不足によって、つまりは貧血による酸欠によって、コラーゲンの合成が遅れてきます。こうなると、あちこちにすき間が出来てきて、肌の表面の表皮がたるんでくるのです。

みかんが時がたつと、しわしわになりますね。あれと同じ事がお肌にも起こってくるのです。

次ページ →貧血の原因