美容と健康.netヒアルロン酸 > ヒアルロン酸の効果・効能1

ヒアルロン酸の効果・効能1

ヒアルロン酸は、元々、体の多くの組織に含まれている成分で、細胞同士を結びつけたり、高い保水力で体の機能を円滑にする効果があります。

これを詳しく見てみると以下のように、多くの効果が確かめられています。たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素の大切さはよく言われることですが、ヒアルロン酸も健康や美容にとって、とても大切な成分であることがわかります。

1.スキンケア、美肌の効果・効能

ヒアルロン酸は、1グラムで約6リットルもの水を貯える、非常に高い保水性が大きな特徴で、皮膚の表面(表皮)の下にある真皮という部分に、特に多く含まれています。

真皮にヒアルロン酸が豊富だと、それだけ水分が多くなり、ハリのあるみずみずしい美肌を維持する効果があります。

皮膚のヒアルロン酸

そもそも皮膚は、表皮の基底層が活発に活動して、次々に新しい皮膚を作り出しています。そして、真皮のヒアルロン酸は、それを助けるために栄養を補給する役割をしています。

若い女性の場合は、約1カ月ほどで皮膚の角質層が全て入れ替わります。(これを専門的にはターンオーバーと呼んでいます。)

しかし、年を重ねるごとにターンオーバーの期間が、だんだん長くなるので、表皮に古い皮膚が残ってしまいます。それで、シワやしみが目立つようになるのです。

また、ヒアルロン酸が不足すると、真皮の活動が悪くなり皮膚の乾燥が進み、同じようにシワやしみが増えて、美肌を保つのが難しくなるのです。

真皮のおおまかな構造は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸でできています。

コラーゲンやエラスチンは繊維状の構造をしていて、主に肌の弾力を保つ効果があり、ヒアルロン酸はコラーゲンの周囲を包むようにあって、十分な水分を保つ効果があります。

わかりやすくいうと、コラーゲン、エラスチンは骨組みで、それを水をたくさん含んだスポンジ状のヒアルロン酸が、コラーゲンやエラスチンを保護しています。そして、この3つの成分が一体になって、ハリのある肌を作り出しているのです。

2.生理痛、更年期障害を改善する効果・効能

生理とは、妊娠に備えるために子宮で作られた子宮内膜がはがれ落ちて、血液と一緒に排出されることです。

この排出のときに、下腹部や腰に痛みがあったり、うつ症状、イライラ感などが起こるのが生理痛です。

ヒアルロン酸には、卵巣の働きを助け、生理痛を改善する効果が知られています。また、女性ホルモンの分泌を正常にする効果もあるため、突然の動悸や発汗、イライラ感などの更年期障害を改善します。

3.関節痛を改善する効果・効能

人間の関節の中には、たくさんのヒアルロン酸を含んだ関節液があり、関節の動きをスムーズにする効果があります。

実際の関節というのは、骨と骨がつながっているわけではなく、関節液がクッションや潤滑油の役割をして、骨同士が直接触れないようになっています。

もし、ヒアルロン酸が不足して関節液が少なくなると、関節を動かしたときに骨どうしが触れて、激痛を感じることになります。

ちょっと想像してみてください。走っているときにひざの関節で、骨が激しくこすれあっていたら・・・。すごく痛そうでよね!

人間の関節は、機械の歯車のように正確な形にできていないため、骨どうしが触れてしまうと痛みを感じるのは、当然のことなのです。歯車の場合でも、できるだけ摩擦を避けるために、ときどき油を差していますからね。

リウマチや関節炎で痛みがある人には、ヒアルロン酸を直接、患部に注入すると、関節が滑らかに動くようになり、痛みもなくなります。

次ページに続きます。

次ページ →ヒアルロン酸の効果・効能2