美容と健康.netヒアルロン酸 > 高分子ヒアルロン酸

高分子ヒアルロン酸

魚の眼、フカヒレ、鶏のトサカなどに含まれている一般的なヒアルロン酸は、粒子(分子量)が大きいので、高分子ヒアルロン酸と呼ばれています。

この高分子ヒアルロン酸は、粒子が大きすぎるため化粧品やサプリメントに配合して使っても、ほとんど体に吸収されないという、デメリットがあります。

それで、化粧品やサプリメントでは吸収されやすいように、粒子を小さくした低分子ヒアルロン酸が使われています。

一方、高分子ヒアルロン酸は、低分子ヒアルロン酸よりも、体内で長持ちするため、プチ整形や関節痛の治療に多く利用されています。

高分子ヒアルロン酸の利用例

プチ整形

ヒアルロン酸は、もともと体に含まれている成分で、皮膚に直接注入してもリスクが少ないので、バストアップやシワ、ニキビ、鼻の矯正に利用されています。

高分子ヒアルロン酸が使われるのは、比較的皮膚の深い部分に注入して整形する場合です。

一方、唇やまぶたなどのデリケートな部分は、粒子の小さい低分子ヒアルロン酸が使われています。

このように使い分けるのは、低分子ヒアルロンを皮膚の深い部分に注入すると、分解されるのが早いので、効果が持続しません。

逆に、高分子ヒアルロン酸を、皮膚の浅いデリケートな部分に注入すると、しこりや凹凸ができる可能性があります。

関節痛の治療

加齢によって、体内のヒアルロン酸は、かなり減少してしまい、50代になると20才のときの、5〜6割程度になるといわれています。

ひざや肩、腰などの関節には、ヒアルロン酸を豊富に含んだ関節液があり、骨の摩擦をなくして、体の動きをスムーズにしています。

ヒアルロン酸が減少して、関節に痛みが出てきたときは、高分子ヒアルロン酸を注射で直接、患部に注入すると、骨の摩擦がなくなり痛みが取れます。

ヒアルロン酸の種類

美容整形クリニックでは、体のどの部分にヒアルロン酸を注入するかによって、粒子(分子量)の違うヒアルロン酸を使っています。最近は、次の3つが使い分けられています。

バーレーン

クリニックで使用されるものでは粒子が大きいタイプで、首筋、ほほ、こめかみ、鼻などの整形に使われています。

レスチレン

粒子が比較的小さなヒアルロン酸で、額や眼の下などに使用されています。

レスチレンファインライン

粒子が一番小さく、唇や眼の周辺の小ジワなど、非常にデリケートな部分に使用されています。

次ページ →バイオヒアルロン酸と天然ヒアルロン酸