美容と健康.netスキンケア > 肌荒れの治療

肌荒れの治療

肌が乾燥して、角質層が、はがれたり整った状態でないのが、肌荒れですから、まず、肌への刺激を出来るだけ、少なくすることが肌荒れの治療の一歩です。

中でもメイク落しが、一番肌に対する刺激がありますから、お肌にやさしい、敏感タイプのメイク落しに変えて、なるべく薄化粧でお肌をいたわってあげましょう。

そうはいっても、そのまま、なにもしないと肌の乾燥がすすんだり、紫外線を直接浴びる事になります。
そこで、肌の乾燥を防ぐため、肌にしみない油性タイプの、クリームや乳液を使って、肌の乾燥を防ぎます。

そして、紫外線対策として、パウダーファンデーションを使ってみてはどうでしょう。
ご存知のようにファンデーションは、日焼け止めクリームと比べ強力に紫外線をカットする効果はありません。

しかし、日常、長時間、紫外線を浴びるような場合を除き、デスクワークやちょっとお出かけの時などは、ある程度の効果を発揮します。

このようにすれば、1週間〜10日間で、肌荒れがすこしずつ落ち着いてきますので、徐々に普段の化粧に戻すようにしてください。

それと、化粧品そのものについてですが、何年も同じ化粧品をお使いになっている方は、一度アレルギーチェックをしてみる事を、お勧めします。

以前から、使っている化粧品だからといって、安心するのはよくありません。年を重ねるにしたがって、お肌も変わってくるものです。使い始めの頃は、お肌にフィットしていた化粧品が、今ではそうでない場合もありますから。


このように、自然に肌荒れを直す他に、
★ケミカルピーリング治療★を受ける方法もあります。

この治療は、酸性の薬品を用いて、表皮の古い角質をはがして、肌荒れを無くそうというものです。
角質をはがすと聞くと、痛みや肌荒れを心配される方もいますが、痛みはあまりなく逆に透明感のあるシットリとした肌に生まれ変わります。

これは、古い角質をはがす事により、肌の再生能力が刺激され、再生速度が早くなるためです。(ターンオーバーの促進)
経験豊富な専門医であれば、あなたの肌荒れの状態に合わせた薬の種類、濃度、塗布時間を考慮して治療してくれますので、肌の弱い方でも安心です。

ケミカルピーリングの治療で使用する薬品は、BHA(脂溶性でサリチル酸が多い)のものと、AHA(水溶性でフルーツ酸、アルファヒドロキシ酸、乳酸が多い)の両方があります。

どちらかと言うと、BHAの方が、肌への刺激が少なく、安心して使用できる治療といえます。
なお、治療回数は週に一度、合計5〜6回程度の期間を、治療の目安と考えておくとよいでしょう。

また、ピーリング治療と平行して、ビタミンCをお肌に浸透させる治療である、イオン導入法(ごく微小な電気を利用して、皮膚の奥まで、ビタミンCを浸透させ、ただ単に塗るより数倍の効果がある治療)を行うと、コラーゲンの生成を促す効果がありますので、なお治療効果が上がるといえます。

ここで、注意したい事はピーリング治療をしている間は、紫外線対策を特に気をつけてください。
古い角質をはがして、お肌は無防備の状態になっていますから。また、術後当日のメイクを避ける事も大事です。

次ページ →しみの種類