美容と健康.net美容関連 > 加齢臭

加齢臭

一般的に、40代になると現れてくると言われている、気になる加齢臭。40歳がいわば、お肌の曲がり角ならぬ、臭いの曲がり角になっています。

もちろん、これはあくまで一般的な目安です。加齢臭は、人によって30代で出る人もいれば、50代まで出ない人もいます。

見て見ぬふり、いや嗅いで嗅がぬふりをしないで、まずは自分の体臭を、チェックすることをおすすめします。

私たちの皮膚にある皮脂腺からは、脂肪と脂肪酸が分泌されています。こう聞くと、悪いイメージを持ってしまいますが、この分泌された脂肪と脂肪酸が皮脂となり、皮膚に潤いを与えているのです。

しかし、この脂肪酸が酸素でさらに酸化してしまうと、加齢臭の原因である「ノネナール」という物質が、できてしまうのです。

具体的には、40代以上の男性になると、皮脂の中に「9−ヘキサデセン酸」という脂肪酸が増加してきます。これは30代までの男性には、あまりみられないものなのです。

この9−ヘキサデセン酸によって、オヤジ特有の体臭の原因である、脂肪酸が増え、そのためノネナールも同じように増え、結果的に加齢臭が出てくる、という仕組みです。

人間の鼻は、同じ臭いを長い間ずっと嗅いでいると、あまり臭いが感じられなくなる特性があります。加齢臭に気がつきにくいのは、この特性も働いているのです。

ということは、自分で自分が臭いと感じたら、かなりの加齢臭があるということ。周囲の人は、大変な我慢をしていると思ってください。

ちなみに、加齢臭は男性だけのものではなく、女性にも存在します。しかし、女性の方が比較的臭いに対する、身だしなみやケアに敏感なため、加齢臭で、他人に迷惑をかけることが少ないのです。

もし、脱いだ衣服から古本やろうそく、チーズのような臭いがしたら、それは加齢臭といえます。思いあたる人は、毎日体を清潔にすることを心がけましょう。

次ページ →加齢臭対策