美容と健康.net美容関連 > 豊胸手術

豊胸手術

胸パットがたいへん進化して、胸のコンプレックスのある方も、パットによって胸を自然に大きく見せることが、できるようになりました。

しかし、いくらパットが進化としてもはずしてしまえば、元の胸に戻ってしまいます。胸にコンプレックスがあるときは、1つの方法として胸を大きくする、豊胸手術があります。

豊胸手術をするときは、まずクリニックでカウンセリングを受けます。その後、ドクターから豊胸手術についての、内容を聞きます。

手術前に問診、検査を受け、麻酔をしてから手術となります。通常、手術は30分から1時間程度で、治療後少し休憩して、その日のうちに帰ることができます。

手術時間や手術の方法は、各クリニックによってさまざまなので、クリニックを選ぶときに確認しておくといいでしょう。


豊胸手術は、豊胸バッグを胸に入れることで、胸を大きくする手術ですが、
その代表的な方法として、次の2つがあります。

乳腺の下にある大胸筋の下に、豊胸バッグを入れる「大胸筋下法」
       ・・・痩せていて、胸が小さい人に向いています。

乳腺下にある大胸筋の上に、豊胸バッグを入れる「乳腺下方法」
       ・・・出産や授乳で、胸がしぼんでしまった人に向いています。

また、その豊胸バッグの形も2種類あり、円形状のラウンド型、涙の形に似たアナトミカル型があります。

なお、豊胸手術をする際には、手術後の胸の形、感触などがどのようになるのか、手術前にしっかりと確認しておく必要があります。

胸を大きくして、きれいな形にしたい。豊胸手術に関心があるけれど、少し不安。そう考えているのなら、まずは専門のクリニックや病院に、事前に相談に行ってみてはどうでしょうか?

次ページ →プエラリアミリフィカ